井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

まともな人のまっとうな話 五輪辞退のミャンマー水泳選手

公開日: 更新日:

 情けなくて怒る気もしない。新型コロナ重症患者が連日1000人以上、集中治療室も看護師もまったく足りない。入院先のない高齢者も毎日のように亡くなっている。都市の医療現場は限界だ。なのに、五輪組織委員会が看護師500人を大会に派遣するよう要請した。どの口でぬかしたんだか。派遣などできるわけがない。しかし、首相は「国民の生命と健康を守り、大会に全力を尽くすことが……」とタコのロボットみたいな顔で風呂の中で屁をこいたような念仏を唱える。医療現場も「五輪はやめろ」と叫んでいる。が、政府は「主催者でないから判断する立場にない」と。野党たちが何を問いただしても無駄だ。政治自体、狂っているのだ。

 そんな中、まともな人のまっとうな話を。先月の某紙夕刊に載った記事を切り抜いて、部屋の壁に貼っておいた。ここ一年、コロナのおかげで、新聞各紙を買ってきて隅々まで読むよい癖がついた。スマホやパソコンで世界の出来事をのぞき見しても、頭の中には残らない。読み込むのではなく、流し見してるだけだ。紙媒体の活字は何十回でも読んで記憶できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る