岡田健史ここまで覚悟!事務所独立問題は“改名騒動”に発展

公開日: 更新日:

 俳優・岡田健史(22)の事務所独立騒動が泥沼化するなか、岡田が新たなアクションを起こしていることがわかった。

 岡田は、所属事務所スウィートパワーの仕事選びに対する不信感、担当マネジャー含めスタッフの入れ替わりが激しいことなどに対する疑念、同社社長のスタッフに対するパワハラ、所属タレントに対するセクハラ問題が週刊誌に報じられたことなどが重なり、3月に寮を出て、契約解除を求める裁判を起こした。

 事務所側は5年契約が満了する2023年春までの在籍を求めており、意見は平行線。発売中の「女性自身」によると、そんな膠着状態の中、岡田から契約解除後は本名で活動する意向で、それについて事務所が関与しないことも求めているという。事務所側も岡田の意向を事実と認めている。

 同社は、黒木メイサ(33)、桐谷美玲(31)らが所属し、類いまれなるスカウト力で知られている。中学時代から岡田を5年かけてスカウト、岡田姓は事務所社長・岡田直弓氏の名字からとったという社長の“思い入れ”の強い芸名でもある。岡田自身もせっかく世間に広まった名を捨てるということは、キャリアを捨てるに等しいが、リスクを負ってでも改名したいというのだから覚悟の上なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る