劇団俳優座「インク」 大衆の欲望と新聞の倫理の相克を鮮烈に活写

公開日: 更新日:

 1969年のロンドン・フリート街(新聞街)を舞台に、発行部数をめぐる新聞社間の熾烈な闘いを描いたもの。大衆の欲望とメディアの倫理という極めて今日的な問題を描いたジェイムズ・グレアムの作品(翻訳=小田島恒志、演出=真鍋卓嗣)。

 世界が激動する69年。部数低迷に喘ぐ「ザ・サン」を買収したオーストラリアの新聞社主ルパート・マードック(千賀功嗣)は他紙で腐っていたラリー・ラム(志村史人)を編集長に迎え、待遇に不満を持つ編集者をヘッドハンティングし、新しい新聞づくりを提唱する。それはインテリ向けの高級紙ではなく、労働者階級が読む娯楽紙だ。

 ターゲットは400万部という世界最大部数を誇る「デーリー・ミラー」。むろん、ミラーの編集長ヒュー・カドリック(加藤佳男)は意に介さない。

 舞台は、創刊までの新スタッフの葛藤や割り付け、校正、製版など新聞の工程を描く第1部、斬新な企画で「ミラー」を追い詰める第2部、そして勝敗の結末が明らかになる第3部で構成。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る