児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

「五輪どころではない」スポーツ大国の韓国にも影を落とすコロナ感染者の急増

公開日: 更新日:

 東京オリンピックが開幕したが、韓国ではまったく盛り上がっていない。選手村では反日的な横断幕を掲げ、食材の産地にも神経をとがらせていたが、今は「東京オリンピックどころではない空気が流れている」(ソウル在住者)という。韓国でも新型コロナウイルス感染者が急増しているからだ。

 そもそも韓国ではコロナ禍での五輪開催に9割近くが反対している。「残念ながら興味を持てない」「いまだかつてこれほど盛り上がらないオリンピックはなかったですよね」といった冷めた声も聞かれた。

 韓国がスポーツで急成長を遂げたのは1986年のアジア大会からだ。そして88年のソウルオリンピック以降、韓国は日本の強力なライバルとなった。ソウルから直近のリオまでの間に獲得した夏季大会の金メダルの数は、日本が59個なのに対し韓国は83個となっている。「メダルを獲得すれば兵役免除」という男子選手に与えられる特典も韓国スポーツの強さの要因だが、そればかりではない。国策で映画やドラマ、K―POPなどのコンテンツを世界に輸出するよりも早く、すでに60年代からスポーツ分野も国を挙げて強化していたのだ。対日本というよりは、北朝鮮の存在が大きかった。この頃、韓国と激しく対立していた北朝鮮がサッカーW杯でまさかのベスト8入り。その北朝鮮を意識しての取り組みだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る