菅首相の五輪外交パー…開会式に文在寅「三顧の礼」受け入れの赤っ恥

公開日: 更新日:

 東京五輪の開会が6日後に迫る中、新型コロナウイルスの感染再拡大は深刻さを増す一方だ。ほぼ無観客開催に追い込まれたことで、政権浮揚をもくろむ菅首相が当て込んだ熱狂も一体感も期待薄。海外要人の訪日拒否も続出し、派手な五輪外交もパー。避け続けてきた韓国の文在寅大統領を三顧の礼で受け入れざるを得ない雲行きだ。

 国連のグテレス事務総長は16日、「訪日予定はない」と発表。コロナ禍での五輪強行を巡り、「選手たちは参加するために多くの困難を乗り越えなければならなかった」とビデオ声明でチクリとやった。菅が開会式への参加を直接呼び掛けたバイデン米大統領も欠席。代打としてジル夫人がやって来る予定だ。ロシア選手団の大使を務める予定だった女子フィギュアスケート銀メダリストのメドベージェワ選手も、「今は人との接触を避け、健康を最優先すべきだ」とストレートな理由でドタキャンした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る