「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

公開日: 更新日:

 鳴り物入りでNHKから「報道ステーション」(テレビ朝日系)に抜擢される大越健介キャスター(59)。

 同番組の10月からの布陣も発表された。月~木曜は大越をメインに、同局の小木逸平アナ(47)と入社2年目の渡辺瑠海アナ(24)が担当。金曜は、富川悠太アナ(44)とフリーの徳永有美(45)が担当する。また富川は、月~木にもリポーターとして出演するという。

 しかし、「大越ありき」の今回のリニューアルには、局内から疑問の声が噴出しているという。

■視聴率は取れているのに…

「そもそも『報道ステ』は今のキャスター陣で高視聴率をキープしています。あれだけ世間を騒がせた『WBS』(テレビ東京系)の枠移動でも影響を受けなかった。現在も番組の世帯平均視聴率は12~14%を取っている。有事が起これば15%台に達します」(テレビ朝日関係者)

“NHK流”が通用するか

 局内の異論はこれだけにとどまらない。大越の起用は、制作費逼迫の危機を招くとみられているからだ。

古舘伊知郎がキャスターだったころ、制作費は常に赤字だった。それは古舘のギャラが高かったからです。当時、古舘のギャラは1日300万円以上といわれていましたが、今回、大越はその約4分の1、1日当たり80万円程度とみられています。それでも年間では1億円を優に超える計算となる」(芸能プロ関係者)

 さらに漏れ伝わってくるのは、元NHKで看板を張っていた大越の生真面目ぶりだ。一部では人情味に厚く、権力に屈しないという評価なのだが……。

「NHKはひとつのネタをVTRにするまで徹底して作り込む。民放の10倍の時間と労力をかけて取材して完パケを制作します。つまりNHKのやり方を大越が強く求めた場合、『報ステ』のスタッフが“NHK流”“大越流”に耐えられるのかですね」(番組関係者)

 大越の大抜擢は波乱含みである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る