宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

公開日: 更新日:

 昨年、40年ぶりにビキニ姿を披露して、変わらぬ美貌と豊満体形で世間を騒然とさせた宮崎美子(62)が、またまた注目を集めている。

 今度はマクドナルドのCMだ。

 第1号店がオープンしてから50周年を記念して作られた新CM「僕がここにいる理由」編。

 この中で宮崎は、孫と一緒にマクドナルドを楽しむ女性と、回想シーンで50年前にマクドナルドでデートする中学生の2役を演じている。

 回想シーンのミニスカートにハイソックス姿の初々しい姿は「カワイイ」「とても62歳に見えない」と絶賛されている。

 そんなアラ還の宮崎に続けとばかり、同郷で熊本大学の後輩でもある斉藤慶子(60)も還暦記念に7月16日発売の「週刊現代」で、約30年ぶりのグラビア登場。セクシーな黒のビキニ姿を披露した。

「宮崎美子さんのグラビアを拝見して、こういうのもすてきだなと思って挑戦しました」と斉藤がコメントしているが、週刊誌の読者層も年々高齢化しており、この熟女グラビアの流れは当分続きそうだ。

生き残りをかけて

「50代、60代の女優は母親役や上司役しかないのが実情です。出られる作品も限られています。そこからあふれた人たちが生き残りをかけて、グラビアやバラエティーに進出する動きもあります。例えば先日、『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で超激辛グルメに挑戦した高島礼子(57)は、なぜそこまで頑張るのかと聞かれ『せっかく太田プロだし、もっとバラエティーに出たい!』とアピール。さらに7月26日の『しゃべくり007』(同)でも、“元祖あざとかわいい女優”として登場した斉藤由貴(54)は『しゃべくりに出るのが夢だった』『なんだったら、紅白の司会した時よりうれしいかも』と喜んでいました」(テレビウオッチャー)

 宮崎に触発され、追いつけ追い越せか。

 アンチエイジングがさらに進化し、まだまだ枯れそうにないアラ還女優の出番が増えそうだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった