芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

鷲見玲奈の写真集を総括! 長澤まさみに辛勝でも立ちはだかる田中みな実の存在

公開日: 更新日:

 今月4日、ファースト写真集「すみにおけない」(集英社)を発売した鷲見玲奈(31)の評価が分かれている。8月16日付「オリコン週間BOOKランキング」写真集部門で推定売り上げ部数が1万2477部と発表され、前評判通り堂々の1位を獲得した。

 鷲見の写真集の発売翌日には、長澤まさみ(34)がデビュー20周年記念の区切りとなる10作目の写真集「ビューティフルマインド」(宝島社)を発売。こちらは5000部超のセールスで同ランキングで3位となった。

 写真集は1万部売れたら御の字といわれている時代だ。初週でそれをクリアし、長澤の写真集を売り上げ面では上回った鷲見の、タレントとしての底力を見逃すことはできない。もっとも、これをもって“大成功”と持ち上げるわけにはいかない。

“ポスト田中みな実”と目されていた鷲見にとって、田中との比較で言えば、今回の写真集の売り上げの部数は惨敗同然だからだ。

 田中は2019年12月、初写真集「Sincerely yours…」(宝島社)を発表。発売3日目に22万部を売り上げ、その1カ月半後、奇跡ともいわれる60万部に達した。

 もちろん、「田中の写真集の値段が200円安い」とか「逼迫したコロナ禍に販売した鷲見の方が不利」といった鷲見の敗北を擁護する余地はいくつかある。ただ、ここまで大差をつけられるとは鷲見も思わなかっただろう。

「2つの写真集の販売部数の差は、女性ファンの心をつかんだ田中さん、女性にあまり注目されなかった鷲見さんの違いでしょう。田中さんはセクシーな露出だけでなく丁寧なメークや基礎美容、体や肌の手入れで女性たちの共感を得ました。一方の鷲見さんの写真集は男性読者を強く意識した作りとなっています。購買層のパイの大きさが異なったということです」(女性誌デスク)

「騙された」「出し惜しみしてる」といった落胆の声

 もうひとつ注目したいのは、「アマゾン・ブック・レビュー」やSNSに集まった声だ。

 今回の鷲見の写真集について、〈騙された〉〈出し惜しみしてる〉〈ガッカリした〉といった露出の少なさに対する指摘や、中には〈パイロットの彼氏の顔色をうかがって露出をセーブしたのでは〉というレビューもあった。

 鷲見はバラエティー番組「超S級エンタメ情報 マシマシTV」(日本テレビ系)の中で、「両親が結構厳しくて、水着は絶対に着ないでって言われていたんです」と弁明。田中の写真集と売り上げで大差をつけられたことについて「あれに勝つとしたらバストトップを出すしかない!」と開き直りともとれる発言をした。

 しかし、露出を控えた理由が「両親の意見をくんだ」というのは幼稚な言い訳にしか聞こえないし、田中に勝つには“脱ぐしかない”というのは業界の先輩である田中に対して失礼だろう。

 鷲見は“NGなし”を豪語していたが、NGがあることが露見した。タレントとして大きな岐路に立たされたと断言してもいい。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか