細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年、岡山市生まれ、鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。7月に「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)が、第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。

“スター選手”沢村忠は野口修社長の目を盗んで銀座の竜宮城へ

公開日: 更新日:

 山口洋子が自身の愛称を店名にクラブ「姫」を銀座に開店したのが1959年。そこから、銀座7丁目、5丁目、8丁目、6丁目と転居を繰り返し、休業期間もありながら営業を再開させ、6丁目に戻って来たのが60年代後半のことである。

 これまで文壇や政財界の重鎮がこよなく愛してきた銀座の高級クラブには「インテリの話が理解できないようではホステス失格」と、大卒の才媛や良家の未亡人ばかりが採用された。その日の株価と為替がいくらか知っておくのはホステスにとって必須で「これじゃ太刀打ちできない」と悟った新参の山口洋子は、若くてとびきり美しい女を片っ端から集めた。「株価も為替も知らなくていい。なんだったらバカでもいい。日経新聞なんて読む必要ない。話を合わせる必要もない。女が美しければ男の方から話を合わせてくるんだから」という経験に基づいた確固たる信念が洋子にはあった。

 それもあって「姫」には「銀座はハードルが高い」と敬遠してきた高給取りのスポーツ選手、主にプロ野球選手がこぞって顔を出した。金田正一、野村克也、豊田泰光、張本勲……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔