玉三郎&仁左衛門の38年ぶり「四谷怪談」は呆然の演劇体験…勘三郎とは異なる“静けさの怨念”

公開日: 更新日:

 コロナ禍、歌舞伎座が客席を半分にし、上演時間も短くするなど、変則的ながらも興行を再開したのは去年の8月だったので、この異常事態も2年目になる。そのおかげと言っていいのか、玉三郎と仁左衛門の共演が相次いでいる。4月・6月の「桜姫東文章」に続いて、今月は「東海道四谷怪談」で、チケットは早々と完売した。

 緊急事態下なので「会話はご遠慮ください」「掛け声は禁止」と、もともと劇場内は静かなのだが、今月の「四谷怪談」は、ピリピリとした緊張感で、客席は針が落ちた音が聞こえそうなほど静まり返っている。

■玉三郎“お岩”の「四谷怪談」は38年ぶり

 玉三郎が「四谷怪談」のお岩を演じるのは1983年以来、38年ぶり。以後、お岩は18代目勘三郎が演じることが多かった。勘三郎の「四谷怪談」は笑いの部分もあり、客を怖がらせようというサービス精神にあふれたものだったが、今回の玉三郎・仁左衛門は、怖がらせようとはしない。化けて出る怨霊が恐ろしいのではなく、仁左衛門演じる伊右衛門の、人間を超越した冷酷さそのものが恐怖であり、その冷酷さに負けたお岩の怨念に、呆然となる。だから客席は幕が閉まるまで沸かない。めったにない演劇体験だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る