著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

コロナ禍でビールCM激増、出演するのは一流俳優の証し キリンが長谷川博己と染谷将太を起用し話題

公開日: 更新日:

 CMは時代を映す鏡と言われる。コロナ禍で「宅飲み」が増えたこともあって最近、目立つのがビールのCMだ。連日、画面からこぼれ出すほど流れている。「いかにおいしそうに飲むかで売れ行きに影響する」と言われるビール。起用する俳優も豪華だ。北大路欣也、中井貴一堤真一豊川悦司仲間由紀恵松嶋菜々子の女優陣もいる。

 オールスターキャストでドラマもできる顔ぶれが揃う。最近、新たなCMに登場したのが、昨年の大河「麒麟がくる」に出演していた明智光秀役の長谷川博己と織田信長役の染谷将太のコンビ。起用したのはもちろんキリンビールだ。

 ビールのCMは女優の化粧品に並ぶステータスだ。歴史も古くキリンがビール市場を独占していた時代。後発のメーカーが打倒キリンと宣伝に力を入れ始めた。ビールが飲みたくなる夕方から流れるCMを見た視聴者は思わず「ビールが飲みたい」と酒屋に走り購入したが、それはキリンだった。他社のビールのCMがキリンの売り上げに貢献したという逸話まで生まれた。

 起死回生に動いたのがサッポロ。世界の三船敏郎をCMに起用したのだ。1970年代に流れた「男は黙ってサッポロビール」のキャッチコピーで三船が豪快に飲む。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント