平子理沙がピンクヘアーにミニスカ姿…抗う50歳の"奇跡"は本当にミラクルなのか

公開日: 更新日:

〈ピンクがとても似合っています!〉〈かわいい、憧れです!!〉〈スタイル維持されてて、とても素晴らしい〉と、インスタグラムを更新すれば、信者たちが大盛り上がりする。最近も30代、いや20代のようなピンクヘアーやミニスカ姿を披露しているのがモデルの平子理沙だ(50)だ。

 インスタ上では、大きなリボンをつけてあひる口をキュッ。首をかしげて微笑む姿などに、確かにかわいいと思わせるような写真が多く掲載されている。ところが、"奇跡の50歳"という見出しがついたニュース記事を見てみると、批判的なコメントが大量についていることに気付く。

〈何が奇跡なんだ? 普通に50歳でしょ〉〈怖いし、痛いし、作り物感がすごい〉、〈奇跡じゃなくて、加工でしょ〉といった辛辣な意見が目立つ。

「平子さんは確かに美しい。というか美しかったと思います。でも、50歳らしい美しさ、内面からにじみ出るような美しさは、申し訳ないですがあまり感じられません。最近、キャメロン・ディアスが盟友ドリュー・バリモアのインスタに登場したニュースを見ましたが、しわが増えて、おばあさんになりましたが、あれが内面からの美しさというものでしょう。年齢に抗っていない歳のとりかたです。日本人でも夏木マリさん、石田ゆり子さんなどは年齢に抗わない美意識を持っている印象がします。美を追求したくなるのは女性の本能ですし、若い女性ばかり追いかける幼稚な男性が平子さんのような、"抗う50歳"を生み出してしまっているのかもしれません。ただ、50歳にもなると、見た目の美しさだけでは通用しないのが、世の常といえます」(美容に詳しいライターの松庭直氏)

 年齢を重さねた美しさもある。例えば、熊谷真実(61)、真矢みき(57)のように、自分らしさ、自分の生き方を貫き「きれいに見えてしまうような人」こそ、奇跡といえるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  2. 2
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 3
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  4. 4
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  5. 5
    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

もっと見る

  1. 6
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  2. 7
    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

  3. 8
    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

  4. 9
    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

  5. 10
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり