やっぱりその人生ってのは無駄な時間はないなあとシミジミ…

公開日: 更新日:

 所謂下町に住み着いて、三七、八年になりますか。その当時二十歳の若い衆が歳を偽って酒呑んでましてね、身体がいいのと、老けた顔してるから、てっきり二四、五歳だと思ってたら、ある日、「師匠《アタシの事であります》自分二十歳になりました」と宣い驚かされましたが、実に二十数年振りに会い、ヨオーヨオーてな訳で痛呑しましたネ。

 コノ若い衆、西田君と云うんですが、とにかく下町っ子らしく、祭りが大好きで、やれ三社様だ深川祭りだと、東京中の祭りに目がない。祭りとくれば喧嘩がつきもの。「オマエ、祭りに行ってんのか喧嘩に行ってんのかドッチだ」「イヤ仕方ないんすよ、色々ありますから」「何がイロイロだ馬鹿! いいかげんにしろ」なんて口酸っぱく云ってたモンですが、面白いもんです。今じゃ五十を越えてやっぱり人間は落ち着くんですなあ。

「ニシダ、やっぱりお前も人間だったなあ、すっかり良い男になって結構々々」「師匠、よしまさ呼んでますから、会いたいでしょ」「エッ、オー会いたいネー、アイツ元気かよ」「アイツ、ハゲましたよ」「ハゲはお互い様よ」なんてワーワー呑んでると、よしまさ君やって来まして「師匠、お元気そうで」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔