原田龍二が「4WD不倫」から復活できた誠実さと“婦唱夫随” トイレ不倫の渡部建とは雲泥の差

公開日: 更新日:

 俳優の原田龍二(51)と愛(48)夫妻が22日、講談社(東京・文京区)で「別れない理由」発売記念神前結婚式を行った。

 イベントで浮気について問われると原田は「死ぬまで執行猶予。誰が見ても、神様が見ても恥ずかしくない生き方をしようと思って毎日生活している」とコメント。妻の愛さんも「不穏な動きはないはずです」と断言した。

【写真】この記事の関連写真を見る(25枚)

 あの「4WD不倫」から2年半。「原田アウト」会見と、年末の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の「笑ってはいけない24時」出演で不倫を笑いに昇華させ、レギュラー番組を失うことなく切り抜けた“不倫界のレジェンド”。「トイレ不倫」でいまだ芸能界に復帰できずにいるアンジャッシュの渡部建(49)と比べるとその差は歴然である。長男(18)は今年5月にアメリカにサッカー留学するなど家庭も円満。そんな原田に三くだり半を突きつけることなく、あえて夫婦でCM出演するなど“セット売り”という奇策に出た妻の愛さんが今回は本を出版。タイトル通り、別れない理由をつづり、「4WD不倫」以前の浮気についても赤裸々に明かしている。家庭問題評論家の池内ひろ美氏がこういう。

「演技力をバラエティーで生かし、地上波テレビに爪痕を残すなど、周囲のアドバイスをストレートに受け入れる素直さが、奥さんはもちろん、ダウンタウンさんはじめ制作側にも愛される理由です。もはや浮気をキャラにしてしまったことが原田さんの強み。一般のご夫婦でもお子さんの留学費用が夫婦共闘の目的となって別れないことも多く、息子さんの留学も原田さんにとっては追い風になっているといえます」

 こんな声もある。

不倫発覚後から事務所の社長と一緒になって芸能マスコミ関係者と懇親の場を設けては誠実に謝罪し、どんな小さな仕事でも断らなかった。そんな原田の人柄を評価する人は多い」(芸能関係者)

 どん底からの大復活。ゆめゆめ執行猶予中の身であることを忘れないように。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める