邦画も洋画も「大人のための良作」がズラリ! いま映画界が中高年層に注目する理由

公開日: 更新日:

 映画ランキングに異変アリ。いま、日本の映画興行に変化がみられると話題になっている。興収30億円突破も勢いが衰えない「トップガン マーヴェリック」をはじめ、初代ウルトラマンを新解釈で描いた「シン・ウルトラマン」、1979年放映のファーストシリーズ15話を長編化した「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」と、中高年をターゲットにした作品が上位にずらりと並んでいるのだ。

 さらには、役所広司主演の時代劇「峠 最後のサムライ」、84年公開のスティーブン・キング原作ホラー映画のリメーク「炎の少女チャーリー」など、この後も同様の話題作が続く。

 女性や若者、家族向け作品が主流の近年では珍しいこうした現象について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「コロナ禍の発生により、感染を恐れる中高年のお客さんが激減、各社ともこの層に向けた作品を真っ先に公開延期していました。今は『トップガン』などそうした大作のタマ数が豊富な状況です。トップ10に入る話題作以外にも『太陽とボレロ』のような、しっとりと味わえる大人向けの良作が揃ってきました。再び中高年層を映画館に呼び戻したい業界にとっては大事な局面といえるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質