二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ドラマ界の綾瀬はるか、映画界の長澤まさみ 若手女優のツートップとしてリードする存在に

公開日: 更新日:

 月9「元彼の遺言状」は思いのほか視聴率は伸びなかったが、トップ女優を張るだけの存在感を示した綾瀬はるか(37)。

 映画界ではヒット中の「シン・ウルトラマン」で巨大化も話題になった長澤まさみ(35)。今秋には菅田将暉と共演の「百花」が公開。映画界のエースとして不動の地位を築いた。

「綾瀬がドラマ界、長澤が映画界をリードする存在になった。2人を中心に若手女優界は回ってきている」(テレビ関係者)

 振り返れば、2人はそれぞれ女優の道を歩んできた。綾瀬は「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞。2001年、16歳で女優デビューした。一方の長澤は00年、「東宝シンデレラ」オーディションに史上最年少12歳でグランプリに輝き映画デビューも果たした。2人とも大手事務所のオーディションで選ばれた逸材。ドラマ・映画で活躍の場を広げ女優としてのスキルを磨いてきた。芸歴は今年でともに22年目になる。ドラマ中心の綾瀬と映画中心の長澤だが、2人は微妙な形で交差していた。

 04年5月、長澤が映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロインで一躍注目された。映画のヒットに続き2カ月後にドラマ化。長澤と同じヒロインを綾瀬が演じた。2人の相乗効果で「セカチュウ」ブームをつくり出した。映画関係者の話。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?