【追悼】葛城ユキさん“最後のコンサート秘話”…亡くなる10日前に車椅子で熱唱

公開日: 更新日:

 歌手の葛城ユキさんが腹膜がんのため27日、都内の病院で亡くなった。73歳だった。パンチのあるハスキーボイスで、40万枚の大ヒットとなった「ボヘミアン」(1983年)などで知られた。

■元「フィンガー5」晃が明かす

 葛城さんは、昨年4月にステージ4の腹膜がんと診断され入院。2度の手術を経て、今年5月17日に約1年ぶりに車椅子に乗った状態でステージに上がり復活したが、その翌週から体調が悪化。しかし本人の強い希望で、亡くなる10日前の6月17日、千葉で開催された夢グループ主催の「夢スター春・秋」コンサートに出演していた。

 各界からの追悼の声がやまぬ中、長年にわたり、夢グループのコンサートなどで共演した元フィンガー5の晃(61)も悲しみに暮れている。

「千葉のコンサートでは本当に体が痩せてしまっていて。看護師さんも来ていて、本当は歌える状態ではなかったと思いますが、昼の部では車椅子に座ったまま、『ローズ』を歌いきった。まさに命をかけて、魂で歌うその姿に胸を打たれました。その日はそれで終わりの予定だったのですが、もう一度ステージに上がりたいということで夜の部にも登壇され、出演者とのトークに参加した。最後に共演していたロザンナさんが“私は奇跡を信じます。あなたは絶対に帰ってきます”と言うと、会場は大きな拍手に包まれ、会場にいた誰もがそれを信じていたのですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍