市川海老蔵が解禁前情報をペラペラと…松竹激怒で危ぶまれる團十郎襲名披露

公開日: 更新日:

 歌舞伎座で11、12月に「13代目市川団十郎白猿襲名披露」を控えている歌舞伎俳優・市川海老蔵(44)と、興行を担う「松竹」との“深い溝”が露呈した。

 6月23日に行われた歌舞伎座「七月大歌舞伎」の取材会でのこと。当日、翌日のメディアの多くは、会見後に行われた囲み会見に登場した長女で日本舞踊市川流の4代目市川ぼたんちゃん(10)、8代目市川新之助の襲名を控えた長男の堀越勸玄くん(9)と親子3人の会話をほほ笑ましく報じたが、その裏では、松竹が冷や汗をかく一幕があった。

「この日は、囲み取材の前に海老蔵さんが報道陣の間で7月の歌舞伎座公演について質疑応答する場面がありました。『(襲名前に)見られるのはいつまでですか?』と聞かれた海老蔵さんは、『9月も歌舞伎座でやりますし』と答え、勸玄くんの襲名披露の演目についても『(2年半前に予定していた)外郎売はやりません』などと説明しました。ところが、会見が終わると、松竹から『これら9月以降の歌舞伎座の公演内容については、全て使用NGにしてください』という要請があったのです。つまり、海老蔵さんは解禁前の情報を勝手にペラペラとしゃべってしまったわけですが、そうなると会見の様子はほとんど使えません。映像としては親子3ショットで十分ですが、松竹からしてみれば、メディア各社に慌てて電話を入れたり、メールを送ったりと情報を止めるのに大変ですし、会見の細かい様子が使われないと七月大歌舞伎の宣伝効果としてはいまひとつ。踏んだり蹴ったりでしょう。このチグハグな感じが、海老蔵さんと松竹の本当の関係なのかと納得してしまいました」(民放関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍