ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

水道橋博士よ、子供たちが遠慮なくステーキを食える世の中にしてくれ!

公開日: 更新日:

 水道橋博士が比例代表でれいわ新選組から参院選に出馬した。水道橋博士エラーイ!!

 コロナが世界中に蔓延し、ロシアはウクライナに侵攻、それにより世界経済は乱れ、人々は悲しみと苦しみの中にいる……そんな時だからこそせめて日本を明るくしてくれる話題は欲しいのだ!!

 水道橋博士出馬はもしかすると世間さまから見れば都知事選にかつて立候補したドクター・中松氏やマック赤坂氏のような「お騒がせ候補シリーズ」に見られるかもしれないが、何もやらないで諦観して世間の風向きに合わせて発言するテレビのコメンテーターや安い正義感を振りかざし、SNSであーだこーだーやってる者よりもよっぽど立派(?)なのだ!!

 れいわの公約の一つに「消費税廃止」があり、これはヒジョ~にいいのだ!!

 だって、みなさんよ~く考えてみてください……湯水のごとく札束が飛び交い、挙げ句には日本の企業があのアメリカの象徴ともいえるロックフェラービルまで買ってしまった大好景気のバブル時代がはじけて30余年、そのはじけた頃に小学生だった子供たちはバブルを知らないのはもちろん、あれからず~っと節約、倹約、倹しい生活をしましょうと、日常社会の中でゼイタクは悪のように染み込まされてしまったと思うのです。その人たちが今や子供たちの親であり、働き盛りの40代でしょう……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍