城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

公開日: 更新日:

 TKOの木本武宏(51)が巨額投資トラブルの渦中にある。

 芸人仲間を中心に金を集め、総額6億円とも7億円とも言われる資金を投資に回し、それが“消えた”格好だ。当初は記者会見するという話だったが、「話せないことが多くて、会見の意味がないと言われる」と謝罪のコメントを出すだけにとどまっている。

 一方で、なぜか週刊誌のインタビューには答えている。それによると、木本はまず、外国為替証拠金取引、いわゆるFXの“天才トレーダー”なる青年に、仲間から集めたお金1億数千万円を預けたという。ところが、2020年になってその青年と連絡が取れなくなり、後にFXトレードもやっていなかったことが判明したらしい。

 さらに、その青年が飛んでからわずか1カ月後……今度は同じく青年にだまされたと自称する男が「勉強代だと思ってます」と言って木本に近寄ってきたという。その男は「実は僕、不動産投資をやっていて、ちょっと今いい感じなんですよ」と不動産投資を勧めてきたらしい。

 この時点で明らかに話がオカシイが、木本はまた仲間から資金を集め、1億数千万の補填のために5億円近い金をその男に渡してしまう。50%以上という高額配当に目がくらんだのだろう。案の定、約5億円の投資に対し、返ってきた“配当”は1億6000万円だけだった。その後はFXの青年も含め、弁護士を入れての対応となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか