湘南乃風・SHOCK EYEに投資トラブル報道…芸能人はなぜ怪しい話に引っかかる?

公開日: 更新日:

 歩くパワースポットの異名を持つ湘南乃風のSHOCK EYE(45)が投資トラブルを起こしていると「週刊新潮」が報じたのは先週のこと。

 コロナ禍で収入が激減し、子供同士が同級生で家族ぐるみの仲だった“パパ友”のA氏に相談。パラオの銀行買収とタイの医療用大麻栽培事業を提案され、パラオ案件についてA氏に1000万円を年利10%で出資。

 ところが、途中で大麻案件に変更し、株式を持ちたいと言い出し、さらに、事務所にバレたので返金して欲しいと主張し、昨年8月、A氏を民事で訴えたという。さらに今年4月には、SHOCK EYE夫婦がA氏宅のインターホンを1時間ほど鳴らし続けたというから追い詰められているのはたしかなようだ。

「医療用大麻は最近ネットワークビジネス、つまりねずみ講界隈でよく聞くキーワードです。パラオのリゾート開発で成功している日本人がいて、彼らを中心にしたネットワークビジネスが盛んとか。大麻は終末期医療の患者をモルヒネを使わずに救えると勧誘していますが、どこまで事実かはわかりません。リゾートとか人助けとか漠然と夢のある話で誘うのはねずみ講の典型的なパターンです」(ある投資家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声