TKO木本武宏を擁護する大物芸人は多いが…人を見る目があったのはヒコロヒーだった?

公開日: 更新日:

 7億円ともいわれる巨額の投資トラブルで松竹芸能を退所したTKO木本武宏(51)。

 当初、この一件が報じられると番組やSNSなどで木本擁護ともとれる芸人の発言が散見。例えば、おぎやはぎは自身のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で「(木本は)詐欺をやるようなタイプじゃない。これは絶対にそう。人をだますようなタイプじゃない」と発言。サンドウィッチマンの伊達みきおも「サンドウィッチマン ザ・ラジオショーサタデー」(ニッポン放送)の中で「あんないい人いないからね」と。

 さらに、24日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウン松本人志が「俺は木本がそんなヤツじゃないと……わりと断言してあげたいと。そんなヤツじゃないよね。多分、悪気はないと思うし」「俺の知ってる木本はそんなヤツじゃないんでね、まあ信じてあげたいなあと思ってますよ」とかなり強めに擁護した。

「松本、おぎやはぎ、サンドといった他の事務所の大物が擁護する一方で、松竹芸能の後輩の木本評は以前からあまりよくなかった。例えば今、売れっ子のヒコロヒーは昨年3月、関西テレビ『マルコポロリ!』に出演した際、『松竹の後輩には芸についてなどとイキって語るけど、吉本芸人の前ではヘラヘラしてる』とディスり、さらに、昨年8月、鬼越トマホークのユーチューブチャンネルでも、『松竹の黒幕、その正体とは…? 松竹芸能勢力図』なる企画で木本を『東京松竹芸人のトップ』と表現し、『木本さんに睨まれると難しい』などと語っていた。暗躍するタイプとも。くだんの木本擁護芸人たちはその本質を見抜けなかったということかもしれません」(芸能ウオッチャー)

 人を見る目があったのはヒコロヒーだけ!? 相方の木下は後輩にペットボトルを投げつけるなどのパワハラで退所し、木本は投資トラブル。結局は似たもの同士だったということ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか