著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

辞めるキンプリの3人に私は好感を持ってます! 辞めジャニで一番頑張ってほしいのは…

公開日: 更新日:

 タッキーこと滝沢秀明(40)がジャニーズを退所とのこと。さっそくツイッターアカウントを開設しニュースになってましたね。

 退所後の進路でウワサになったのが火山探検家。番組の企画で火山探検してからはまりプロ顔負けの知識と行動力だそうで、ツイッターのアイコン(プロフィル写真)も火山の火口付近のタッキーの姿と筋金入りでした。注目の肩書は「冒険家」。ふと、サッカー中田英寿の肩書「旅人」を思い出します。中田の旅の一挙手一投足にはキチンとお金のにおいがしてますけどね。

 一方、人気絶頂のキンプリことKing & Princeは5人中3人が脱退退所。残った2人は、どっちがキングでどっちがプリンスになるのかはわかりませんが、普通に人気や動員はいまより6割落ちるのでしょう。一方で辞める3人に私は好感を持ってます。デビューからは4年ほどですが年齢は20代中頃。ジャニーさんとの世界進出の約束はほごにされ、今は安定した人気があるものの、センパイたちをみれば中年になって落ちぶれるか容疑者という肩書のついた者多数。事務所にいれば仕事はあるけど40過ぎてあの人みたいなロケ仕事はイヤだなぁと思っても不思議ではありません。そもそも事務所を辞めてるほうが自分の実力に自信がありそう(ホントにあるかは知りませんが)ですし辞められないほうはサラリーマン的というか、しがみついてる雰囲気が出て魅力激減かも。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路