本田翼「君花」低迷の元凶? 劇中グループ「8LOOM」を応援したい視聴者を邪魔するもの

公開日: 更新日:

 秋ドラマの世帯視聴率は、「相棒」や「科捜研の女」といった定番のシリーズものに加え、「ザ・トラベルナース」が好調と、テレビ朝日が独り勝ちの様相。一方、元気がないのがTBSだ。中でも、本田翼(30)主演の「君の花になる」(火曜夜10時)が5%台と低迷している。

「そもそも若年層を狙ったドラマで、リアルタイムの視聴率では不利。最初は6%台くらいでも、ネット上で話題になり、数字は後からついてくればという思惑だったようですが、なかなか上昇気配が見えません」(広告代理店関係者)

 その「君花」は、挫折した元高校教師(本田)が7人組ボーイズグループの寮母となることから始まる《日本中に活力と癒やしを与える胸キュン&成長物語》(公式HPから)。高橋文哉(21)や宮世琉弥(18)ら旬のイケメンが演じるボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」は劇中だけでなく、期間限定ながら実際にデビューするという仕掛けもある。

 放送開始当初は、本田の演技に《しらける》なんて声も多かったが、このところ《メンバーの努力が想像できて応援したくなる》《リアルの音楽番組でも見てみたい》というエールも増えてきている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由