中島美嘉も “一目惚れ婚”が続かない理由を評論家が解説

公開日: 更新日:

 先日、離婚を発表した歌手の中島美嘉(34)は、前夫のバレーボール選手・清水邦広(31、パナソニック)に一目惚れだったといわれている。試合会場で見かけた中島が気に入り、猛アタックしたそうだ。

 相手が理想のタイプなら、欠点があっても我慢できる。好きでいられる期間も長いだろう。それで離婚するケースは少ないとされるが、家族問題評論家の池内ひろ美さんは、「一目惚れ婚がうまくいくのは、その人に見る目がある場合に限ります。見る目がなければ、“こんなはずじゃなかった”となる。それで離婚に至る夫婦は少なくありません」と指摘する。

 この場合の「見る目」というのは、世間一般のモノサシではない。自分に合っているかどうかを判断する力だ。これがなければ、いくら一目惚れした相手であっても、一緒にいるのがイヤになる。

「若いうちは、なかなか見る目が育ちません。35歳ぐらいまでの一目惚れは、性欲に直結したものだからです。セックスしたい、抱かれたいと思った相手を好きになるのです。でも、その先の結婚となると、文化を共有できなければ続きません。食べ方を汚いと感じたり、カネを使う感覚が違ったりすれば、関係はギクシャクし、心が離れていってしまうのです」(池内さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  9. 9

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る