• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中島美嘉も “一目惚れ婚”が続かない理由を評論家が解説

 先日、離婚を発表した歌手の中島美嘉(34)は、前夫のバレーボール選手・清水邦広(31、パナソニック)に一目惚れだったといわれている。試合会場で見かけた中島が気に入り、猛アタックしたそうだ。

 相手が理想のタイプなら、欠点があっても我慢できる。好きでいられる期間も長いだろう。それで離婚するケースは少ないとされるが、家族問題評論家の池内ひろ美さんは、「一目惚れ婚がうまくいくのは、その人に見る目がある場合に限ります。見る目がなければ、“こんなはずじゃなかった”となる。それで離婚に至る夫婦は少なくありません」と指摘する。

 この場合の「見る目」というのは、世間一般のモノサシではない。自分に合っているかどうかを判断する力だ。これがなければ、いくら一目惚れした相手であっても、一緒にいるのがイヤになる。

「若いうちは、なかなか見る目が育ちません。35歳ぐらいまでの一目惚れは、性欲に直結したものだからです。セックスしたい、抱かれたいと思った相手を好きになるのです。でも、その先の結婚となると、文化を共有できなければ続きません。食べ方を汚いと感じたり、カネを使う感覚が違ったりすれば、関係はギクシャクし、心が離れていってしまうのです」(池内さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る