中島美嘉も “一目惚れ婚”が続かない理由を評論家が解説

公開日:

 先日、離婚を発表した歌手の中島美嘉(34)は、前夫のバレーボール選手・清水邦広(31、パナソニック)に一目惚れだったといわれている。試合会場で見かけた中島が気に入り、猛アタックしたそうだ。

 相手が理想のタイプなら、欠点があっても我慢できる。好きでいられる期間も長いだろう。それで離婚するケースは少ないとされるが、家族問題評論家の池内ひろ美さんは、「一目惚れ婚がうまくいくのは、その人に見る目がある場合に限ります。見る目がなければ、“こんなはずじゃなかった”となる。それで離婚に至る夫婦は少なくありません」と指摘する。

 この場合の「見る目」というのは、世間一般のモノサシではない。自分に合っているかどうかを判断する力だ。これがなければ、いくら一目惚れした相手であっても、一緒にいるのがイヤになる。

「若いうちは、なかなか見る目が育ちません。35歳ぐらいまでの一目惚れは、性欲に直結したものだからです。セックスしたい、抱かれたいと思った相手を好きになるのです。でも、その先の結婚となると、文化を共有できなければ続きません。食べ方を汚いと感じたり、カネを使う感覚が違ったりすれば、関係はギクシャクし、心が離れていってしまうのです」(池内さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る