中川翔子もツイッターでまた苦言…芸能人への誹謗中傷がいつまでたってもやまない理由

公開日: 更新日:

 タレントの中川翔子(37)が13日、自身のツイッターを更新し、誹謗中傷に対する自身のスタンスを書き込んで話題になっている。

〈私が誹謗中傷や殺害予告、警察に相談するのは、もういままで何人もストーカーやら怖い目にあってきたからもあるけど、大きくは抑止のためです〉として、〈加害者の理由なんか被害者からしたら関係ない。大人なのにそんなことしてるなんて情け無い恥ずかしいし子供たちにしめしがつかないから。抑止のためにです〉

 中川は、1月にも、一部の誹謗中傷投稿に対し、法的措置など具体的な対応をとることを示唆していた。ツイートはこう続く。

〈明確な悪意を持っては狙って行動してるんだから裁かれるべきだと思うがいつもいざ捕まると精神的問題のせいといいわけをされる 被害者からしたら恐怖でしかない 大人は誰かを攻撃することで自分がやったことで自分が詰むかもしれないと想像力を持てるよう被害者が守られる社会であることを願います(原文ママ)〉

木村花さんの件を機に法改正

 有名人へのネット上での誹謗中傷を巡っては、2020年に「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演していたプロレスラーの木村花さん(当時22)が、誹謗中傷を苦に命を絶ったことが議論のきっかけとなり、今年6月に刑法が改正され「侮辱罪」が厳罰化されるなど、社会的な対応が続いている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?