恩師が語る山里亮太の進化!「スッキリ」後番組MC抜擢 4月からは朝番組に週6出演

公開日: 更新日:

 4月からスタートする朝の情報番組「DayDay.」(日本テレビ系)のMCを南海キャンディーズの山里亮太(45)が務めることが明らかになった。

 東野幸治(55)は「東野幸治のホンモノラジオ」(ABCラジオ)で、先月25日に開催したお笑いライブ「東野幸治VS山里亮太」を振り返り、「あの時(25日のライブ)はもう絶対分かってるはずなんですよ。でも一切言わなかった。『スッキリ』の後は山ちゃんちゃうの? って言っても“いやぁ”とか特に冴えたコメントもなく」と近しい先輩にも口外していなかったという。今回の抜擢についてNSC時代の恩師で、漫才作家の本多正識氏はこう言う。

「山ちゃんの言葉のチョイス、表現の豊富さは秀逸で、媚びることなくきっちりフォローできるので適任でしょう。カバンの中には常にジャンルの違う本が6、7冊入っていて『さんまさんや紳助さんに聞かれたときに答えられないと僕の席なくなっちゃうんです』と言うくらいの勉強家。『スッキリ』での当意即妙なコメントは、今まで積み上げてきた引き出しの多さの表れでもあります。長くテレビに出ているうちに、山ちゃんはオセロのようにアンチをファンに裏返し、さらに進化していくのではないでしょうか」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ