武田真一アナ「DayDay.」抜擢に日テレアナウンス部が大ブーイング? まるでNHKの天下り先

公開日: 更新日:

 日本テレビが4月にスタートさせる新番組「DayDay.」(月~金曜、午前9時~)のメインMCに、南海キャンディーズ・山里亮太(45)、進行役の日本テレビの黒田みゆアナ(24)に加え、新たにNHKを早期退職する武田真一アナ(55)の参加が明らかになったことで、局内に大きな波紋が広がっているという。

 民放アナウンサー界のエースである水卜麻美アナ(35)を筆頭に、「news every.」で注目を浴びている藤井貴彦アナ(51)ら、同局の人気アナが局上層部に対し怒りの声を上げ始めているというのだが、どういうわけか。さる日テレ関係者はこう話す。

「『日テレはいつからNHKの天下り先になったのか?』という疑問の声です。今回の『DayDay.』でも山里と武田の2人を起用する意味があるのか? という声も上がっています。2人分のギャラだけで年間2億円以上です。せめて1人でも局アナを起用すれば半分で済むわけです。それでなくても局アナの露出が激減している中、存在を軽んじているのではないかと思うのは当然でしょう」

 現在、視聴率競争ではテレビ界トップの日テレ。名実ともにテレビ界の覇者と言っても過言ではないが、その実態は厳しいという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質