アイドル不作の年「83年デビュー組」に40周年記念ライブ計画が “出世頭”松本明子が怪気炎!

公開日: 更新日:

 中森明菜小泉今日子早見優松本伊代堀ちえみ、石川秀美といったそうそうたるメンバーが並ぶ「花の82年組」に対し、“不作の年”といわれた「83年デビュー組」が、今年デビュー40周年を迎え、記念ライブの計画があるという。83年組の“出世頭”である松本明子(57)が、14日放送の「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)で明かした。

 松本は同期の森尾由美(57)、大沢逸美(57)、桑田靖子(55)、徳丸純子(56)、小林千絵(59)、木元ゆうこ(56)に自分も含めた7人で「手作りの記念ライブをやりたいなって思っているんです。何曲か歌いたい」と話した。しかし、松本にはヒット曲はなく、デビュー曲は「♂×♀×kiss」(当時オリコン最高131位)であることをイジられつつも、「パンツが見えようがデビュー当時のミニスカートの衣装を着て歌いますよ」と宣言した。

 確かに、83年組といえば、前出の82年組と、菊池桃子荻野目洋子、岡田有希子、長山洋子、芳本美代子らを擁する84年組の間に挟まれる格好でヒット曲にも恵まれなかった。

 松本自身は、アイドルとしては芽が出なかったものの、80年代後半になると“バラドル”としての才能を開花させ、「ものまね王座決定戦」(フジテレビ系)、「DAISUKI!」「進め!電波少年」(日本テレビ系)などで活躍。タレントとしての地位を不動のものに。

 他の83年組のメンバーは、女優やタレントとして活動している人がいる一方で、現在、テレビでは名前を見かけない人もいる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント