著者のコラム一覧
松尾潔音楽プロデューサー

1968年、福岡県出身。早稲田大学卒。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、JUJUらを手がける。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲)で第50回日本レコード大賞「大賞」を受賞。2022年12月、「帰郷」(天童よしみ)で第55回日本作詩大賞受賞。

国葬のようなものから1年、この国の大切なことはムードで決まっていく

公開日: 更新日:

 国葬から1年が経つ。

 当時「国葬なんて反対」と言うと「これは『国葬儀』であって『国葬』ではない」と糾弾する人が絶えなかった。何度か執拗に絡まれたのに懲りて、あるときからMy統一表記を「国葬のようなもの」と定めたのだが、それはそれで一部の御仁たちからたいへん手厳しいご批判を賜ることになった。「なぜ『国葬』と認めようとしないのか」と。

 調べてみると両者は確かに違うのだった。国葬の根拠法は皇室典範であり、国葬儀のそれは内閣府設置法。だから天皇や上皇の崩御時の「大喪(タイモ、にあらず。このネタも物凄い勢いで消費されましたね)の礼」は前者にあたり、吉田茂元首相の逝去時に執り行ったものは後者だったということ。誤解を恐れずにいえば、「国葬儀」のほうこそいわゆる国葬イメージがつよい気がするなあ。

 でも1年経ったいま、そのポイントに固執する人はほとんどいないのではなかろうか。「もう『ツイッター』じゃないよ、『X』になったんだから」の指摘が「旧ツイッター」なる過渡期感丸出しのビミョーな日本語を生み、やがて「もう面倒くさいから普段使いは『ツイッター』のままでよくない?」なムードになっているように。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた