指原莉乃「卵子凍結」に称賛の声も…最大12%の出産確率、1回30万円以上する費用の現実的な問題

公開日: 更新日:

「31歳になりました 今年も今のところ結婚願望なし、卵子凍結済みで生活してます」と21日、X(旧ツイッター)に投稿したのは元AKB48指原莉乃

 続けて、指原は「歳を重ねることは、何とも思わないような少し嫌なような、なのですが、それ以上にやりたいことや趣味の選択肢が増えて、今とても幸せです 大人、楽しんでます! おめでとうLINEは奈子が1番のりでした」と、現状を吐露した。

 今回の指原の「卵子凍結」宣言に、Xでは「卵子凍結ってさすがですね」「賢いですね」といった、好意的なコメントが溢れた。その一方で、「卵子凍結でどれだけ妊娠できるか知っているの?」「卵子凍結を楽観的に捉えていない?」といった意見も散見された。同日のXで「卵子凍結」がトレンド入りしたことからも世間の関心の高さが伺える。

 海外でも2020年8月に卵子を凍結保存したパリス・ヒルトン(42)が体外受精の末に第1子を今年出産。現在、アップルやフェイブック(現:Meta)など、世界を牽引する大企業が卵子凍結を福利厚生に取り入れはじめ、日本でも、メルカリやサイバーエージェントなどが取り入れている。大きな動きが出ているのも確かであるが、専門機関は下記のように指針を発表している。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク