安室奈美恵の楽曲“サブスク消滅”状態続く…ファンからの「復活して」の声やまず

公開日: 更新日:

 11月16日、2018年に引退した元歌手の安室奈美恵(46)の楽曲が各種サブスクリプションサービスと公式YouTubeから視聴できなくなったニュースは衝撃をもって迎えられたほか、権利者がコンテンツを引き上げてしまうと手元に何も残らないという、サブスクの弱点が露呈するなど大きな話題となった。

 あれからおよそ2週間経ってもなお、X(旧ツイッター)には「安室奈美恵のサブスクはいつ復活しますか…」といった声が絶えない。

 このニュースはまずネットメディア「ねとらぼ」が報じ、スポーツ各紙が後追い。「サブスク消滅は契約見直しやリミックスがあるゆえの、重複している楽曲を整理するため」という関係者の声を横並びで報じていたが、その後は詳細な報道はなく、ファンからのサブスク復活を願う声がこだますばかりなのだ。

 楽曲消滅の可能性の1つとして過去の騒動を挙げるのは、芸能に詳しい週刊誌記者だ。なんでも、その因縁は9年前に遡るという。

 9年前の2014年には『女性自身』が、安室が所属先の芸能事務所から独立を画策していると報道。その独立話はいったんは消滅したものの、翌15年に安室は事務所を移籍しているが、これについて同記者は語る。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク