「王様」松本人志に取り入ろうと女性をアテンド 業界に知れ渡るお笑い芸人“恥”飲み会の実態

公開日: 更新日:

 お笑いタレント松本人志(60)の性加害疑惑で、アテンド役を務めたと報じられた後輩芸人たむらけんじ(50)は「そういう飲み会があったというのは事実です」と一部を認めた。週刊文春によると、飲み会は高級ホテルのスイートルームなどで開かれ、後輩芸人らが松本に女性を「上納」するシステムに。たむらも「ゲーム」などと言って、部屋に集めた女性が松本と2人きりになるよう、接待役に徹していたという。これに対し、たむらは飲み会で女性に好きな男性のタイプなどを聞いたことも認めつつ、ラジオでこう弁明した。

「ただ記事に書かれているようなことが目的ではなくて、僕の感覚では合コン。女性を道具のように扱ったみたいに書かれているんですけど、そんなことは一切ない」

 しかし、同誌で被害を訴えた女性に向けてはこう言った。

「不快な思いをしたから、こういった話をしたんだと思う。そこに関しては謝りたい。すみませんでした。何がだめだったのか、もう一度よく考えて反省すべきところは反省したい」

 芸能関係者によると、週刊文春が報じる以前から、こうした松本の飲み会は業界内に知れ渡っていた。そのひとりはこう言う。

「グラビアアイドルの女の子たちも参加しているって。どんな合コンだったのか、内容までは知りませんけれど、取り巻きのような顔ぶれが集まって、松本さんがその中心になっていると聞いたことがあります」

 松本と酒席を共にしたことのある元タレントが「もう10年くらい前の話ですが」と前置きしてこういう。

「私は六本木の個室のあるバーに知り合いの芸人に呼ばれて行ったら松本さんがいました。飲んでるうちにこのままだと帰れなくなりそうな空気を感じたので席を立ったら取り巻きのひとりに“やる気がないなら帰れ!”“今日のことよそで話したらわかってるよな”と怒鳴られました。松本さんはまぶたが一重で巨乳の子がタイプと聞きました」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ