著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

小松政夫さん「僕のギャグにはモデルがいるんですよ。先生や先輩や同僚が実際に言っていたことを誇張してるから」

公開日: 更新日:

 半世紀以上前は「ドギツさの関西」「小洒落た(小粋な)関東」という感が強かったでしょうか。そんな中、関東発でありながら「電線マン」や「しらけ鳥」はもちろん、数多い“バカバカしいギャグ”を一生懸命にやってらっしゃる小松さんが大好きでした。

 本番前の打ち合わせで「大ファンです」と握手をしていただき、小松さんのギャグは普段使っている言葉が多いので、わかりやすくて好きだったことをお伝えすると「なぜかっていうと僕のギャグにはモデルがいるんですよ。先生や先輩や同僚が実際に言ってたことを誇張してるから」「いつも親父さん(植木等さん)についていて、シャボン玉ホリデーなんかのリハーサル中に、現場が止まると『松崎(小松さんの本名)なんかないか?』って聞かれるから、上司の口癖だった“知らなぃ知らなぃ知らなぃ”とかを大げさにやると『それいけるじゃないか! おまえ(本番で)やれ!』って言われて、急にテレビに出たのよ。それで“みんなどんなことを言ってたかな~”って必死で思い出してましたよ。観察力って大事なんだよね」。どんどん教えてくださるので「続きは本番で」「そうだね(笑)」と初めてお会いしたとは思えないほど冗舌にお話ししていただきました。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変