著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

辻希美が加護亜依からのラブコールをスルー! 「W(ダブルユー)復活」は絶望的に…

公開日: 更新日:

モーニング娘。」元メンバー加護亜依(36)のライブが9日に「東京キネマ倶楽部」(東京都台東区)で開催されたが、加護が直前に自身のYouTubeで「チケットが売れてません…助けて…」と訴えたように、思ったほどの集客はできなかったようだ。

 昨年8月に「FLASH」で反社組織の現役幹部との韓国旅行が写真付きで報道されてから、加護がファンの前に姿を現すのは今回が初めて。しかも1年3カ月ぶりのライブだったわけだが、何せチケットはSS席が1万6000円、S席が1万2000円と超強気な価格設定だったため、行きたくても手が届かないファンもいたのではないか。

 そんな加護のプロモーションを兼ねたインタビュー記事が、ライブ前日に「集英社オンライン」から配信された。記事の目玉は、波瀾万丈な芸能生活24周年を迎えた加護が、辻希美(36)との関係について言及した箇所。抜粋すると、「めちゃくちゃ仲いいです」「戦友だと思っています」「何かで繋がっている感じがすごくあります」「一緒にやってきた双子みたい」といった感じで、2004年に「W(ダブルユー)」というユニットを組んだ元相方に"これでもか"というほどリスペクトと感謝の思いを語った。そして、9日のライブ終了後には自らのSNSに、辻から贈られたという豪華なスタンド花を掲載し、ハートをふんだんに使用したコメントも載せていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変