著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

魅力を広げる杏のオープンなノリと好奇心に基づく行動力

公開日: 更新日:

「まだノリで生きてますね」
 (杏/フジテレビ系「だれかtoなかい」6月9日放送)

  ◇  ◇  ◇

 2022年8月、突如3人の子供たちとともにパリで居を構え、日本とフランスとの2拠点生活を始めた俳優の杏(38)。パリは18~19歳の頃から、モデルの仕事やそのオーディションで何度も往復し、地理も知っていたし、知人もいたことから決めたという。だが、フランス語は相手が言っている内容がなんとなくわかる程度で、ちゃんとしゃべれるわけではない。そんな状況にもかかわらず、新生活を始めた自分を評して語った言葉を今週は取り上げたい。

 番組では、会いたい人物としてロバートの秋山竜次を指名。日本についての情報源はネットラジオとユーチューブで、中でも「エンターテインメント成分」の大半は秋山から得ており、大好きなのだという。

 ただ、俳優が番組で芸人好きを公言しても、実際には何度か見て面白いと思った程度だったりすることが少なくない。しかし、杏は彼のひとつひとつの話題に対し、マニアックな情報を補足したり、コアなファンしか聴かないようなラジオを聴いていたりする。秋山言うところの「HAF」=ハードアキヤマファンなのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差