「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

公開日: 更新日:

〈面白すぎた〉〈良質な日曜劇場〉〈脚本良かったな〉〈見応えあった〉〈伏線回収も見事〉〈白熱の演技合戦も最高〉などなど、ドラマ好きもうならせた。長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」。16日に最終回を迎えて、平均世帯視聴率12.2%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)と、前回の11.2%から1ポイントアップでフィニッシュした。

「視聴率はもちろんですが、春ドラマの中では、満足度や若年層の支持率など総合評価でナンバーワンと言っていいのではないでしょうか」(スポーツ紙芸能デスク)

 ネット上には〈最近のドラマはつまらないなんて言うが、このドラマを見てから言ってもらいたい〉〈長谷川博己さんがただただ素晴らしい〉なんて最大級の賛辞も。続編を希望する書き込みも少なくない。TVerのお気に入り登録数も100万人近くと春ドラマの中ではトップを争い、レビューサービス「Filmarks」ドラマの評価は5点満点で4.0(17日現在)とクライマックスに向けて上昇傾向に。

「日曜劇場はこの数年、全話平均で9%台のドラマもあったりして一時は低迷もささやかれたりしましたが、堺雅人さんの『VIVANT』に続いて『アンチヒーロー』で、またファンを取り戻した印象です」(前出のスポーツ紙芸能デスク)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  1. 6

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  2. 7

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  3. 8

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  4. 9

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  5. 10

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる