• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ものまねホリの“ランパブ流し”時代 「店の奥で下着の女の子と待機して…」

【泣いて笑って踏ん張って 役者芸人貧乏物語】

<ものまねタレント ホリ>

 もともとお笑いが好きだし、思い出づくりのためにも大学の時、フジテレビの素人参加のモノマネ番組を受けたんですよ。で、落ちた。僕は卒業後に広告関係の仕事に就きたかったから、広告会社とフジテレビの面接を受けて、それも落ちた。だから、フジは芸人と社員の両方で落ちてる。でもその後「笑っていいとも!」で素人参加の企画に出川哲朗さんのマネで受かり、初めてテレビ出演しました。

 そのオーディションで何度も一緒だったコージー冨田さんに、「ホリ君、うまいからプロにならないの? 働きながらキサラ(新宿のショーパブ)で演ってる人もいるよ」と誘ってくれた。コージーさんはすでにテレビに出てて、僕はリスペクトしてたから、コージーさんが出てる日は店へ見にいくようになったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る