• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「長江」で35億円の借金を負った さだまさし

■1981年11月

 1980年代初め、ヒット曲を連発していたさだまさし。その流れに乗って映画製作に乗り出したが、製作費がかさんで巨額の借金を背負ってしまった。

 81年11月7日、東宝洋画系120館で中国を舞台にしたドキュメンタリー映画「長江」が封切られた。主演、監督はさだまさし(当時29歳)。製作総指揮はさだの父親で、製作は個人事務所「さだ企画」。祖父は大正時代の日本のシベリア出兵の頃、中国を辺境まで探索して地図を作る「軍事探偵」をしていた。その関係から父親も中国生まれで、さだには長年、大陸への憧れがあった。

 この頃のさだは「雨やどり」「防人の詩」などがヒット。79年にリリースした「関白宣言」は代表曲になった。個人事務所には印税など莫大な収入が入り、2億円ほど余裕資金があった。その資金で製作を思い立ったのが「長江」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る