映画「長江」で35億円の借金を負った さだまさし

公開日:  更新日:

■1981年11月

 1980年代初め、ヒット曲を連発していたさだまさし。その流れに乗って映画製作に乗り出したが、製作費がかさんで巨額の借金を背負ってしまった。

 81年11月7日、東宝洋画系120館で中国を舞台にしたドキュメンタリー映画「長江」が封切られた。主演、監督はさだまさし(当時29歳)。製作総指揮はさだの父親で、製作は個人事務所「さだ企画」。祖父は大正時代の日本のシベリア出兵の頃、中国を辺境まで探索して地図を作る「軍事探偵」をしていた。その関係から父親も中国生まれで、さだには長年、大陸への憧れがあった。

 この頃のさだは「雨やどり」「防人の詩」などがヒット。79年にリリースした「関白宣言」は代表曲になった。個人事務所には印税など莫大な収入が入り、2億円ほど余裕資金があった。その資金で製作を思い立ったのが「長江」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る