有名人相手に日本でひと稼ぎしたアニータ・カステロ

公開日:  更新日:

■1989年8月

 昨年11月、長野県の建設業厚生年金基金の元事務長が24億円を横領、タイ人女性に貢いで逮捕された事件が話題になったが、01年にも青森県住宅供給公社の経理担当が14億円を横領して、チリ人妻アニータ・アルバラードとの生活につぎ込んだ事件が発覚している。この事件では経理担当男性が懲役14年となる一方、チリ人妻は祖国で半ば英雄扱いで女優活動やCD発売などで活躍。横領男性はまさに踏み台にされた形だ。

 ところで、アニータといえば、もうひとり、当時巨人の若きエースだった桑田真澄投手が利用されたともっぱらだった女性がいる。89年1月に桑田投手(当時20)の熱愛報道が流れたが、相手はハワイ出身のタレント、アニータ・カステロ(当時20)。
 前年12月初め、2人は球団関係者の紹介でパーティーで出会って、意気投合した。桑田がアニータの帰省に合わせてハワイに飛んだ姿が写真誌にキャッチされ、さらに、アニータの実家で大歓迎を受けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る