有名人相手に日本でひと稼ぎしたアニータ・カステロ

公開日:  更新日:

■1989年8月

 昨年11月、長野県の建設業厚生年金基金の元事務長が24億円を横領、タイ人女性に貢いで逮捕された事件が話題になったが、01年にも青森県住宅供給公社の経理担当が14億円を横領して、チリ人妻アニータ・アルバラードとの生活につぎ込んだ事件が発覚している。この事件では経理担当男性が懲役14年となる一方、チリ人妻は祖国で半ば英雄扱いで女優活動やCD発売などで活躍。横領男性はまさに踏み台にされた形だ。

 ところで、アニータといえば、もうひとり、当時巨人の若きエースだった桑田真澄投手が利用されたともっぱらだった女性がいる。89年1月に桑田投手(当時20)の熱愛報道が流れたが、相手はハワイ出身のタレント、アニータ・カステロ(当時20)。
 前年12月初め、2人は球団関係者の紹介でパーティーで出会って、意気投合した。桑田がアニータの帰省に合わせてハワイに飛んだ姿が写真誌にキャッチされ、さらに、アニータの実家で大歓迎を受けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る