• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

憂木瞳 裸エプロンAV女王 突然の失踪引退騒動

■1994年6月

 出演AVはすべて「本番モノ」といわれ、深夜バラエティー「ギルガメッシュないと」(テレビ東京系)のコーナー「夜食バンザイ」では、イジリー岡田を相手に裸エプロン姿を披露して、看板アイドルとして活躍した憂木瞳。人気絶頂だった94年春、当時20歳の時に突然失踪し、飯島愛が番組中「怒らないから帰ってらっしゃい」とまで呼びかける騒ぎとなった。

 スタッフも「消息? さっぱりわからないね。本人がこつぜんと姿を消してしまったし、一回も連絡がないしね」と言うように失踪は謎に包まれた。
 過去には番組収録中に病院に運ばれる騒ぎを起こしたこともあり、病気による体調不良説もささやかれたが、原因はハッキリしないまま。事務所は6月に引退を発表した。

 本人の姿は見えないままだったが、撮影済みのAVはその後も発売が続いた。9月には「ファイナル」、失踪から半年も経った11月にも新たに誕生したヘアビデオ専門レーベルから「さらば、モザイク!」がリリースされた。発売元は「憂木瞳はかなりいい売れ行きを見せてくれてます」と、人気の高さを語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る