元祖“黒船グラドル”アグネス・ラム来日騒動

公開日: 更新日:

■1976年11月

 近年、話題を呼んだ黒船グラビアアイドルといえば、06年に来日したリア・ディゾンだが、リアから遡ること30年、70年代後半に活躍したアグネス・ラムも、元祖グラドルとして社会現象を起こす人気を誇った。

 アグネスはハワイ在住の中国系アメリカ人。父親の姓“ラム”は漢字で「林」と書き、母親はイングランド、アイルランド、ポルトガル、ハワイアンの血を引いていた。

 75年6月、当時19歳のアグネスは第1回クラリオンガールに選ばれた。その後、アイドルの登竜門として数々の人気者を輩出した同キャンペーンだが、初回のアグネス起用の理由はなんと「お金は出せないが効果的な宣伝をしろ」という社長命令だったという。クラリオンは撮影スタッフをハワイに向かわせ、1日100ドルのモデル料で撮影を済ませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  7. 7

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  8. 8

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

もっと見る