元祖“黒船グラドル”アグネス・ラム来日騒動

公開日: 更新日:

■1976年11月

 近年、話題を呼んだ黒船グラビアアイドルといえば、06年に来日したリア・ディゾンだが、リアから遡ること30年、70年代後半に活躍したアグネス・ラムも、元祖グラドルとして社会現象を起こす人気を誇った。

 アグネスはハワイ在住の中国系アメリカ人。父親の姓“ラム”は漢字で「林」と書き、母親はイングランド、アイルランド、ポルトガル、ハワイアンの血を引いていた。

 75年6月、当時19歳のアグネスは第1回クラリオンガールに選ばれた。その後、アイドルの登竜門として数々の人気者を輩出した同キャンペーンだが、初回のアグネス起用の理由はなんと「お金は出せないが効果的な宣伝をしろ」という社長命令だったという。クラリオンは撮影スタッフをハワイに向かわせ、1日100ドルのモデル料で撮影を済ませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る