• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元祖“黒船グラドル”アグネス・ラム来日騒動

■1976年11月

 近年、話題を呼んだ黒船グラビアアイドルといえば、06年に来日したリア・ディゾンだが、リアから遡ること30年、70年代後半に活躍したアグネス・ラムも、元祖グラドルとして社会現象を起こす人気を誇った。

 アグネスはハワイ在住の中国系アメリカ人。父親の姓“ラム”は漢字で「林」と書き、母親はイングランド、アイルランド、ポルトガル、ハワイアンの血を引いていた。

 75年6月、当時19歳のアグネスは第1回クラリオンガールに選ばれた。その後、アイドルの登竜門として数々の人気者を輩出した同キャンペーンだが、初回のアグネス起用の理由はなんと「お金は出せないが効果的な宣伝をしろ」という社長命令だったという。クラリオンは撮影スタッフをハワイに向かわせ、1日100ドルのモデル料で撮影を済ませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る