三国連太郎と佐藤浩市 確執の父子が「美味しんぼ」で共演

公開日: 更新日:

 19歳で俳優デビューした佐藤は「反感はありませんけど、僕と父とは関係ありません」と反発する一方で、「目の上のたんこぶという言い方が一番近い」「何年か後、三国さんをつぶせる力をつけた時に共演したい」とむき出しの対抗心を燃やす言葉ももらした。

 実現したのはデビューから15年。「美味しんぼ」の映画化にあたり、美食家の海原雄山を演じることになった三国は海原の息子の山岡士郎役に佐藤を指名した。劇中、山岡は母を過労死に追い込んだ父を恨んでいるという設定。実際の親子関係にも重なる役柄を演じる2人に注目が集まった。

 記者会見で2人は他人行儀に「佐藤浩市くん」「三国さん」と呼び合った。さらに「俳優とはサービス業。親子が親子を演じることに勝るサービスはない」と語る佐藤に対し、三国が「カメラの前で演じる瞬間はサービスではない」と返すなど終始ピリピリムード。三国は「佐藤浩市くんていう人は、ぼくのやり方を否定してきたし、これからも否定していく人だと思う。しかし、血のつながりは否定できない。『運命的な2人』が親子の話で共演することで、予期せぬ何かが出れば」とにこやかに語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る