飲食店経営のアントキの猪木 飲んで芸を磨いた若手時代

公開日:  更新日:

 アントニオ猪木の真似で人気のソックリタレント・アントキの猪木(41)は酒好きが高じて飲み屋をオープン。破天荒な飲み方で芸を磨いた若い頃を豪快に話してくれた。

■本当は飲めないはずだったのに焼酎を混ぜられて……

 こう見えて僕は子供の頃から体が弱く、発作が出てしまうので高校までは病院通い。医者からは「大人になっても酒とたばこはNG」と言われたほどでした。体を強くしなきゃと思い、オヤジの真似して腹筋と腕立てを毎日100回やってました。その甲斐あってか、二十歳で医者に「お酒は少しなら大丈夫かな」と言われたんですよ。

 役所勤めを始めると上司が大酒飲みで、よく飲みに連れて行かされてたけど、「飲めないです」と断ってウーロン茶ばかり飲んでいた。そしたら上司は店のママとタッグを組んで、ウーロン茶に少し焼酎を混ぜ、その量を1日ずつ増やしていったらしい。半年後にはグラスの7割が焼酎。でも僕、全然気づかない。ある日、「すごい気持ちいいですねぇ」と僕が言うと、「これだけ焼酎入ってるよ」とバラしてくれて、初めて酒飲んでると気づいた。はっはっは! 「俺、酒が飲めるんだ!」とわかってからはすごく飲むようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る