飲食店経営のアントキの猪木 飲んで芸を磨いた若手時代

公開日:  更新日:

 アントニオ猪木の真似で人気のソックリタレント・アントキの猪木(41)は酒好きが高じて飲み屋をオープン。破天荒な飲み方で芸を磨いた若い頃を豪快に話してくれた。

■本当は飲めないはずだったのに焼酎を混ぜられて……

 こう見えて僕は子供の頃から体が弱く、発作が出てしまうので高校までは病院通い。医者からは「大人になっても酒とたばこはNG」と言われたほどでした。体を強くしなきゃと思い、オヤジの真似して腹筋と腕立てを毎日100回やってました。その甲斐あってか、二十歳で医者に「お酒は少しなら大丈夫かな」と言われたんですよ。

 役所勤めを始めると上司が大酒飲みで、よく飲みに連れて行かされてたけど、「飲めないです」と断ってウーロン茶ばかり飲んでいた。そしたら上司は店のママとタッグを組んで、ウーロン茶に少し焼酎を混ぜ、その量を1日ずつ増やしていったらしい。半年後にはグラスの7割が焼酎。でも僕、全然気づかない。ある日、「すごい気持ちいいですねぇ」と僕が言うと、「これだけ焼酎入ってるよ」とバラしてくれて、初めて酒飲んでると気づいた。はっはっは! 「俺、酒が飲めるんだ!」とわかってからはすごく飲むようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る