バスト「サバ読み疑惑」に…今野杏南が異例の“過少申告”

公開日:  更新日:

 石原さとみ似として話題になり、セクシーなお姉さん系グラドルとして人気の今野杏南(25)にバストサイズのサバ読み疑惑が浮上。24日、新作DVD「あんなティーチャー」(ワニブックス)の発売記念で釈明した。

 記者から「以前よりバストが大きくなっているのでは?」と聞かれると、「大きくなった事実はないです。周りからGカップって言われることが多いんですけど、Fしかないです。Gって皆さんが思っている以上に大きいんですよ。FなのにGとか偽っていたらGの人にも失礼ですからね」と説明。実はウィキペディアで「Gカップ」と書かれていることを本人も気にしていたようで、異例の“過少申告”となった。

 しかし、大きいオッパイには憧れもあるみたいで、成長期を越えて25歳になった現在は、バストアップのために腕立て伏せなどの運動を始めているという今野。FでもGでも魅力は変わりません!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る