薬物専門家に聞く 「覚醒剤依存」再犯防ぐ最善の策とは

公開日: 更新日:

 覚醒剤を所持し使用した罪に問われている清原和博被告(48)が保釈された。今後は病院で治療にあたるそうだが、薬物犯罪は繰り返されることが多い。米国の違法薬物問題に詳しく、近著に「大麻解禁の真実」(宝島社)があるジャーナリストの矢部武氏は、「日本の再犯防止対策は遅れている」と指摘する。

 覚醒剤は一度でも使うと逃れられない怖さがあるとされる。だが、使った人を“人間失格”と決めつけるようなスタンスが、かえって薬物から逃れにくい環境をつくり出しているという。

「人間やめますか、のコピーは、違法薬物で捕まった人を“人間のクズだ”“意志が弱いダメ人間だ”と決めつけるようなものです。言われた方は、人間としての尊厳までズタズタにされます。こうなると薬物犯罪は繰り返されてしまう。再犯の原因として大きいのは社会からの孤立で、逮捕前と同じ環境に戻ってしまうこと。悪循環を断ち切るには、社会の支援が必要なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る