• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬物専門家に聞く 「覚醒剤依存」再犯防ぐ最善の策とは

 覚醒剤を所持し使用した罪に問われている清原和博被告(48)が保釈された。今後は病院で治療にあたるそうだが、薬物犯罪は繰り返されることが多い。米国の違法薬物問題に詳しく、近著に「大麻解禁の真実」(宝島社)があるジャーナリストの矢部武氏は、「日本の再犯防止対策は遅れている」と指摘する。

 覚醒剤は一度でも使うと逃れられない怖さがあるとされる。だが、使った人を“人間失格”と決めつけるようなスタンスが、かえって薬物から逃れにくい環境をつくり出しているという。

「人間やめますか、のコピーは、違法薬物で捕まった人を“人間のクズだ”“意志が弱いダメ人間だ”と決めつけるようなものです。言われた方は、人間としての尊厳までズタズタにされます。こうなると薬物犯罪は繰り返されてしまう。再犯の原因として大きいのは社会からの孤立で、逮捕前と同じ環境に戻ってしまうこと。悪循環を断ち切るには、社会の支援が必要なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る