薬物専門家に聞く 「覚醒剤依存」再犯防ぐ最善の策とは

公開日:  更新日:

 覚醒剤を所持し使用した罪に問われている清原和博被告(48)が保釈された。今後は病院で治療にあたるそうだが、薬物犯罪は繰り返されることが多い。米国の違法薬物問題に詳しく、近著に「大麻解禁の真実」(宝島社)があるジャーナリストの矢部武氏は、「日本の再犯防止対策は遅れている」と指摘する。

 覚醒剤は一度でも使うと逃れられない怖さがあるとされる。だが、使った人を“人間失格”と決めつけるようなスタンスが、かえって薬物から逃れにくい環境をつくり出しているという。

「人間やめますか、のコピーは、違法薬物で捕まった人を“人間のクズだ”“意志が弱いダメ人間だ”と決めつけるようなものです。言われた方は、人間としての尊厳までズタズタにされます。こうなると薬物犯罪は繰り返されてしまう。再犯の原因として大きいのは社会からの孤立で、逮捕前と同じ環境に戻ってしまうこと。悪循環を断ち切るには、社会の支援が必要なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る