薬物専門家に聞く 「覚醒剤依存」再犯防ぐ最善の策とは

公開日:  更新日:

 覚醒剤を所持し使用した罪に問われている清原和博被告(48)が保釈された。今後は病院で治療にあたるそうだが、薬物犯罪は繰り返されることが多い。米国の違法薬物問題に詳しく、近著に「大麻解禁の真実」(宝島社)があるジャーナリストの矢部武氏は、「日本の再犯防止対策は遅れている」と指摘する。

 覚醒剤は一度でも使うと逃れられない怖さがあるとされる。だが、使った人を“人間失格”と決めつけるようなスタンスが、かえって薬物から逃れにくい環境をつくり出しているという。

「人間やめますか、のコピーは、違法薬物で捕まった人を“人間のクズだ”“意志が弱いダメ人間だ”と決めつけるようなものです。言われた方は、人間としての尊厳までズタズタにされます。こうなると薬物犯罪は繰り返されてしまう。再犯の原因として大きいのは社会からの孤立で、逮捕前と同じ環境に戻ってしまうこと。悪循環を断ち切るには、社会の支援が必要なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る