• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お寺で“禁欲”修行も? 清原被告に囁かれる「出家プラン」

 清原和博被告(48)が2月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕されてから、2日でちょうど3カ月。

 3月17日の保釈直後に入院した千葉の病院から都内の病院に転院し、東京地裁で今月17日に予定されている初公判に備えているというが、詳しい近況はほとんど伝わってこない。

 保釈の際、身元引受人となったとされるのは大阪府岸和田市にいる父親。実際に清原被告のそばで世話をしているのは別の人物らしい。

「清原被告の“弟分”と呼ばれている40代前半の男性A氏です。保釈金500万円を用立てたり、入院費用などの金銭的サポートをしているといわれています。千葉の病院前に詰めかけた報道陣に豪華な焼き肉弁当を差し入れたのも彼。清原被告の運転手を務めていたことがあり、現在は六本木で飲食店を経営している。『誰からの電話にも出ないでください』と外部とのシャットアウト役を買って出ているといいます」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る