お寺で“禁欲”修行も? 清原被告に囁かれる「出家プラン」

公開日: 更新日:

 清原和博被告(48)が2月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕されてから、2日でちょうど3カ月。

 3月17日の保釈直後に入院した千葉の病院から都内の病院に転院し、東京地裁で今月17日に予定されている初公判に備えているというが、詳しい近況はほとんど伝わってこない。

 保釈の際、身元引受人となったとされるのは大阪府岸和田市にいる父親。実際に清原被告のそばで世話をしているのは別の人物らしい。

「清原被告の“弟分”と呼ばれている40代前半の男性A氏です。保釈金500万円を用立てたり、入院費用などの金銭的サポートをしているといわれています。千葉の病院前に詰めかけた報道陣に豪華な焼き肉弁当を差し入れたのも彼。清原被告の運転手を務めていたことがあり、現在は六本木で飲食店を経営している。『誰からの電話にも出ないでください』と外部とのシャットアウト役を買って出ているといいます」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る