剛力彩芽と共演…役者人生が狂いかねない稲垣吾郎の“苦悩”

公開日:

 稲垣吾郎(44)の主演舞台「No.9―不滅の旋律―」が11月の東京・TBS赤坂ACTシアターを皮切りに、来年1月14日の福岡・久留米公演までの3カ月のロングランに入る。今後、俳優の仕事を中心に芸能活動を続けていくとみられている稲垣にとって、今回は絶対に失敗が許されない大切な公演となる。

 今、その稲垣を不安に陥れているのが、舞台でヒロインを務める剛力彩芽(26)。「No.9」は稲垣演じるベートーベンが第九を生み出すまでの苦悩の日々を描く。剛力はそのベートーベンを支えるメイド役のマリア・シュタインを演じる。

 3年前の舞台初演では元AKB48の大島優子(29)がマリア役を務めた。大島にとっては初舞台だったが、稲垣との呼吸がピッタリだと評判になった。ファンは2人の再共演を期待し、主催者も大島サイドに再出演を強く要請していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る