ポスト松坂慶子? 仙道敦子“国民のお母さん”女優に急浮上

公開日: 更新日:

 昭和の「お母さん女優」京塚昌子さん(享年64)が亡くなって24年。時は流れ、平成最後の年に「お母さん女優」と呼ぶにふさわしいのは、松坂慶子(66)だろう。

 NHKで放送中の大河ドラマ「西郷どん」でも、朝の連続テレビ小説「まんぷく」でも優しく明るい母親役を好演と、まさに“国民の母”状態だ。

 過去にはヒット曲「愛の水中花」をバニーガール姿で熱唱し、あふれる色気で世のオジサンを骨抜きにした松坂。当時と比べふくよかになったとはいえ、その美貌は健在で、シワも少なく、真っ白な肌はみずみずしい印象さえ受ける。

「美人女優から年を重ねて“お母さん女優”にシフトできた成功例といえば、風吹ジュンあたりもそうでしょうが、彼女も松坂と同じ66歳。そろそろ世代交代とばかりに、“ポスト松坂”競争が激しくなりそうです」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る