ポスト松坂慶子? 仙道敦子“国民のお母さん”女優に急浮上

公開日: 更新日:

 昭和の「お母さん女優」京塚昌子さん(享年64)が亡くなって24年。時は流れ、平成最後の年に「お母さん女優」と呼ぶにふさわしいのは、松坂慶子(66)だろう。

 NHKで放送中の大河ドラマ「西郷どん」でも、朝の連続テレビ小説「まんぷく」でも優しく明るい母親役を好演と、まさに“国民の母”状態だ。

 過去にはヒット曲「愛の水中花」をバニーガール姿で熱唱し、あふれる色気で世のオジサンを骨抜きにした松坂。当時と比べふくよかになったとはいえ、その美貌は健在で、シワも少なく、真っ白な肌はみずみずしい印象さえ受ける。

「美人女優から年を重ねて“お母さん女優”にシフトできた成功例といえば、風吹ジュンあたりもそうでしょうが、彼女も松坂と同じ66歳。そろそろ世代交代とばかりに、“ポスト松坂”競争が激しくなりそうです」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る