ピエール瀧は“完落ち” 芸能界で囁かれる「第2の逮捕者」

公開日: 更新日:

 写真誌「フライデー」は、芸能人のクスリの入手ルートについて「身バレを防ぐために何人もの仲介人を通じて取引をするのが通例だ。自分の手元に薬物が届くまでに何重もの予防線を張り巡らせている」と報じた。瀧容疑者は当局の調べに「完落ち」したとされ、何重もの予防線まで、密売図が解明されているとすれば、「芋づる式」にこれからも逮捕者が出てくるということか。「次は誰だ」とフライデーなどで特集が組まれるのは、そうした臆測に立ってのものだろう。

「よく名前が挙がっているのは、俳優で監督や歌も歌っている『K』。日本アカデミーで最優秀主演男優賞に輝いたこともある一方、奇行でも知られている。平成の歌姫『H』やら大麻で逮捕歴のある男性歌手『N』、元五輪メダリスト『K』にアイドルグループ出身の『A』なども挙がっていますね」(ドラッグ事情に詳しい週刊誌ライター)

 瀧容疑者はコカインの白い粉末を鼻から吸引する際、韓国のウォン紙幣をストローのように細長く丸めて使っていたことが明らかになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る